話題のブランパンって、どんな感じ?

新しくなった、ローソンのブランパン。

お出かけしてたので、近くのローソンで購入してみました。

画像の説明

糖質2.2gって、スゴイ!

米ブラン入りでより美味しくなったそうです。

ブラン=ふすま=糠。つまり、穀物の表皮のこと。

デンプンを含まないから、糖質が抑えられるんですね。


でも、今まで食べたことのある「ふすま入りのパン」は、パサパサで食べにくいものばかり。

このパン、どうなんだろ?


画像の説明

柔らかい!口溶けもいい感じ(^^♪。

ほんのりとみかんとふすまの味がします。

ふすまを使ってこの柔らかさは革命です。


デンプンが少ないと、通常パンは膨らみません。

なんと、みかんの白い内皮を粉にして配合することで、それが水分を吸ってパンが膨らむようになるそうです。

思いついた人、スゴイですねぇ〜


画像の説明

で、原材料は・・・

ふむふむ。

「アセスルファムk」と、山崎製パンといえば、表示されていない「臭素酸カリウム」

いろんなことが言われている添加物ですが、今回はひとまず置いといて・・・


気になったのは、1個当たりのエネルギー。

67kcalって、少ないようで、少なくないです。

お茶碗に軽く1膳のご飯と、このパン2個のカロリーが同じくらい。

重さで考えると、一般的な食パンと同じか、むしろカロリーは高いです。


お子様ロール(8個入り)【卵・乳アレルギー対応】 | 卵・乳アレルギー対応パンのtonton | 食物アレルギー対応パンを通販 2014-11-25 23-32-10

ウチのお子様ロールと同じくらい。

大きさはお子様ロールのほうが大きいので、むしろウチのパンのほうがカロリーは低いです。

なるほど、この柔らかさと口溶けの良さは、油脂を多く入れることで実現してるんですね。


糖質カットダイエットでは、油脂を多く摂取しても排出されるので心配ありませんが、普段ダイットしていない方がこのパンを食べてもカロリー量は普通のパンと変わらないので、痩せるわけではないことを知っておいたほうが良さそうです。

味が美味しければ、深く考えることはないですけどね。(決してこのパンをバッシングしているわけではありません。念のため。)


このパンの粉を開発したのは、画期的な商品開発をすることで有名な鳥越製粉。

ウチのお店の「もちもちきなこ」の原材料でお世話になっている製粉会社です。

このブランパンの粉が手に入れば、卵・乳アレルギー対応の、糖質カットパンが作れます。

ウチでもこの粉、手に入らないかなぁ〜

コメント


認証コード1811

コメントは管理者の承認後に表示されます。