食パンを美味しく食べる方法

パン屋さんの焼きたて食パンの楽しみ方

食パンはご飯と同じ。

炊きたてのご飯が美味しいように、焼きたての食パンは格別です。

もし、焼きたての食パンに遭遇したら、温かいうちにスライスしてもらって、すぐに袋に入れてもらってみてください。

パン屋さんは嫌がりますが・・・(^_^;)


画像の説明

焼きたての食パン、スライスせずにそのまま食べるのって、これ以上の贅沢はありません!


袋が曇るくらい温かい食パンを袋に入れると、一度出た水分が食パンに戻って、しっとりと召し上がれます。

そのまま生でガブッと召し上がってください!

ただし、カビやすくなるので、なるべく残さないように・・・


スライスの枚数と食感の関係

スライスの枚数と食感の関係

食パンはスライス枚数によって、トースト後の食感が変わってきます。

6〜8枚と薄くスライスすれば、サクサクと軽い食感で口溶けが良くなり、4〜5枚と厚めにスライスすれば、表面はサクッ!中はモチッ!!とした触感になります。

特に4〜5枚切りの食パンは、パン屋さんの焼きたて食パンだからこそ楽しめる食感。

ぜひ一度、厚めにスライスした食パンをお試しください!


美味しく食べられる食パンの保存方法

IMG_20170428_185411.jpg

食べきれない食パンは、ジップロック等のジッパー付き保存袋に入れて冷凍保存してください。

一枚ずつラップして冷凍するのがいいと言われますが、まとめてジッパー付き保存袋に入れても問題はありません。

パンは0〜10℃の間が一番劣化するので、冷蔵庫に入れるのはオススメできません。


画像の説明

冷凍した食パンは、あらかじめ予熱したトースターにそのまま入れて焼いてください。

残ったご飯は冷凍して、電子レンジでチンすれば炊きたてに近い味に戻るように、冷凍した食パンもトーストすれば、焼きたてに近い味に蘇ります。

予熱なしだと焼けるまでに時間がかかり、水分が飛んで食感が失われてしまいますので、予熱したトースターがオススメです。


4枚切りの場合、中まで熱が通らないことがありますので、ある程度解凍してトーストしてみてください。

コメント


認証コード3374