5 念願のコープさんでの販売


気軽に手に取っていただける日

ちなみちゃんが社員になって、お店は社員3人、パート・アルバイトさんが10人。

パン工場は、パート・アルバイトさんが10人。


不思議なもので、体制が整えば整うほどお店が賑わったり大量のご注文をいただけるようになりました。

夫婦2人でやっていた頃が、なんだか懐かしくもあります。


そんなある日、一本の電話が…


「コープいしかわと申します。コープ組合員より御社の商品を取り扱ってほしいとのご要望を多くいただいております。お付き合いいただくことは可能でしょうか?」

画像の説明


キタ───O(≧∇≦)O────♪


遠くのお客様にもネット販売でパンを購入いただくことはできますが、結構高いハードルです。それが、コープさんで気軽に一つから購入いただけるようになれば…

ずっとずっとそう思っていました。

それが、なんとコープさんの方からお付き合いいただきたいって!!


個人的にもいつも利用させていただいているコープさん。

あのチラシにトントンのパンが載るだなんて!

なんだか不思議な気分です。


組合員さんのご要望と、ネット販売での実績から、tonton食パン、シュガークロワッサン、さつまいもスティック、ミニメロンパンの4種類を週替りで販売させていただくことになりました。

画像の説明


問題は…

コープさん用のパンが作れるかどうか。ご注文数は想像できませんが、相当の数のはずです。

大慌てでスタッフ募集を募集。パン屋の仕事は技術職です。パンが作れるようになるには、それなりの時間がかかります。


工場建設のための借入金を残したまま、工場を増設することに。

これが社長の仕事?今まではパンを作るのが仕事だったのに(^_^;)

画像の説明


アレルギーがあってもなくても、喜んでいただけるパン。みんなが「美味しい!」って笑顔になるパン。そんなパンを目指して8年が過ぎました。


「アレルギー対応」と「美味しい」を両立させるパンを作ること以上に、知っていただくことの難しさ。

アレルギー対応食品に美味しいものがあまりないために、一般のお客様に敬遠されることが何より残念なことでした。

ネット販売では、『アレルギー対応なのに美味しい』をコンセプトにやって来ましたが、これからは、『美味しいのにアレルギーっ子も食べられる』を掲げていく転換期なのかもしれません。


冷凍パンの美味しさをどう伝えるか?

コープさんで販売を開始して一ヶ月。ようやく落ち着きを取り戻してきた頃。

宅配利用の組合員全世帯(石川県下約71,000名)に配布される機関紙の巻頭見開き2ページ、「産地・メーカーを訪ねて」のコーナーに紹介していただけることとなりました。

とらいあんぐる1月_三版-2


コープいしかわさんの理事の方にもお越しいただいて、創業までの経緯やアレルギー対応パンを作ったきっかけ、お客様に対する想いなどをお話させていただきました。

もちろん試食も。

シュガークロワッサンが焼きたてだったので、アツアツを召し上がっていただくことに。


画像の説明


おいしい〜(*´∀`*)!焼きたてってこんなに美味しいの!!


そこで一つ質問をいただきました。

「冷凍じゃなくて、焼きたてを送れないのですか?」


生協さんやスーパーさんでの販売、そしてネット販売も、冷凍での販売です。焼きたてを瞬間冷凍してお送りしています。

なぜ冷凍なのかといえば…

冷凍のほうが美味しいから。


卸やネット販売の場合、焼きたてのパンをその日のうちに召し上がっていただくことが出来ません。どんなに早くっても、召し上がっていただくのは焼けた次の日です。

パンは生鮮食品。

言うなれば、刺し身といっしょです。焼けてから3時間後には味が落ちてしまいます。


常温状態で時間が経ったパンよりも、焼きたてを瞬間冷凍して解凍したパンの方がおいしい。

何度も試験をして冷凍販売の決断をしました。


今から40年前。餃子やチャーハンの冷凍販売が開始されました。当初はあまりの物珍しさに敬遠されたそうです。

それが今では、「むしろ冷凍のほうが美味しい!」と言われるようになりました。

パンを冷凍することは品質に全く問題ないのですが、あまりにも市場にないため、物珍しく敬遠されます。

パンも餃子やチャーハンのように「冷凍のほうが美味しい!」そこまで持っていけたらなって思うのですが・・・


人は、あまり見かけない物を見ると警戒します。無意識の中で、変化は危険と感じるからです。

ちょっとずつでもいい。

冷凍パンのおいしさを知っていただくためにも、一歩ずつ頑張ります!


なんと、コープとやまさんも!

10月から始まったコープいしかわさんに引き続き、すぐにコープとやまさんからもお取引したいとのご連絡をいただきました。

どうしてトントンのことを知ったかというと、またしてもお客様の声。

「コープいしかわで販売できるんなら、コープとやまでも出来るでしょ!」

もはや、恐喝に近い感じでコープとやまさんに電話がなったそうです(笑)


画像の説明

商品は、コープいしかわさんと違い、人気商品の詰め合わせです。


富山県出身の店長がサラリーマン時代に全国を回って、「独立」という形で石川県に落ち着きました。

それが、巡り巡って富山県で自分の作ったパンが販売される。

これで、自分の両親にも親戚のおじさんにも友達や知り合いにも召し上がっていただける。

なんだか不思議な気分です。

実は、関東で修行させていただいたパン屋を辞めて、富山県でスーパーさんの中のインストアベーカリーで展開されているパン屋でも4年間修行させていただきました。

大きなパン屋だけの修行だけでは不安だったからです。

そのパン屋では、インストアベーカリーの運営方法を勉強させていただきました。

路面店のパン屋とインストアベーカリー。同じパン屋でも考え方が全く違います。

スーパーにお越しのお客様にいかにして立ち寄っていただくか?立ち寄っていただくためは、どの時間でも焼きたてパンが並んでいるお店にしなければならない。

トントンの原点を教えてくださったパン屋です。


そんな修行させていただいたパン屋がある富山県。

そして、出身地でもある富山県でもトントンのパンがお役に立てて、本当に嬉しく思うんです。


しっとりふわふわtontonのパン♪学習会

機関紙でのご紹介の後、コープさんからイベントの企画のお話をいただきました。

「卵・乳製品を使わない しっとりふわふわtontonのパン♪」の学習会。

学習会とは、コープさんの商品を組合員さんがより深く理解するための企画で、運営自体も組合員さんで行っています。

募集定員30名のところ、なんと57名のご応募が!


画像の説明

  • パン屋になった経緯
  • アレルギー対応パンを作ったわけ
  • ネット販売、パン工場を作ったこと
  • これからの夢

などなど。


質疑応答も含めて、なんと1時間もお話させていただきました。


召し上がっていただいたパンの感想やご質問、tontonやコープさんへのご要望を、模造紙にまとめていただきました。


画像の説明

なんだか学生に戻った気分で楽しい〜(*´∀`*)

召し上がっていただいたパンの人気投票も。クロワッサンが一番人気でした。


tontonのパン ランキング

1. シュガークロワッサン 13票

  • バターを使用していないのに普通とかわらなかった?(YY)
  • パサパサした感じがなくて、とても美味しい(YI)
  • やわらかく、しっとりしていておいしい(MW)
  • バターなしでおいしい!すごすぎ(NM)
  • 甘くておいしい!クロワッサン
  • 「クロワッサン」に驚きました。乳製品不使用とは思えないサクサク感(RT)
  • バター入ってないのに、おいしくてカロリーすくない。(UM)
  • 卵も乳もバターも使ってなくてもふわふわしっとりして、おいしかったです(RT)
  • クロワッサン(CN、ES、CN)


2. ミニメロンパン 8票

  • やはり乳・卵なしでこんなに美味しいなんて!!(KK)
  • 孫はアレルギーはないけれどtontonさんのパンが大好きです(FK)
  • 一般的なものより軽いのに風味や食感が良い。甘さも控えめで何個も食べれそう・・・(くま)
  • サクサク フワフワ 何個でも食べられそう(KK)
  • 卵アレルギーのある子には夢のような憧れのパンがおいしく手軽にいただけて最高(TY)
  • メロンパン(OH)


3. 食パン1斤 7票

  • 歯切れ良く、風味よく、冷凍してあったとは思えませんでした。
  • かめばかむほど甘味が出ていました(YA)
  • 毎日食べたいくらい美味しかったです!(アレルギーがなくても・・・)(YH)
  • 食パン、冷凍なのにしっとり(TN)
  • ふわふわ食パン(TS)


4. さつまいもスティック 5票

  • 初めて食べて、どれもおいしかったが、さつまいもスティックパンが一番おいしかった(Y)
  • さつまいもスティック おいも大好き!!(KN)
  • さつまいもの下のパンもベトッとしていなく、全体的にパンがやわらかかったです。
  • 甘くておいしい(EN)
  • 思ったより甘くて、さつまいもが多く入っていて美味しかった(M)


何が嬉しいって…

コープさんの中で、ウチのパンのコミュニティが出来て、感想を聞かせていただけたこと。

アレルギーに関係なく「美味しい!」って言っていただけたこと。

もっと販売種類を増やして欲しい!とのご要望で、コープさんが困っていたこと(笑)


何より、たくさんの方とお知り合いになれたことがとっても嬉しい。

商売って結局「人との繋がり」ですからね(*´∀`*)


コープさんは、「安全・安心の商品」の提供だけじゃない、もっと高い視点の「組合員さんと共により良い生活」を目指されてる事がよく分かる学習会でした。

トントンも負けないように、アレルギー対応パンだけにとどまらず、ケーキ屋さんや和菓子屋さん、お惣菜、レストランもやってみたい。

アレルギー対応のパンやケーキを作る体験ができたり、ペンションや遊園地なんか作って、みなさんに喜んでいただけたら…

小松空港から送迎バスとか走らせちゃったりして。


夢、大きすぎ?(笑)

でも、夢って大きいほうがいいですよね(^^♪


アレルギー対応パン工場を作って3年目。

大きな夢に向かって、まずは第一歩の夢を叶えるために動き出したのでした。