黒糖が体にいいって、本当?

さとうきびの汁を絞って煮詰めただけの黒糖が「体にいい」ってよく聞きます。

余計なものを一切加えていないから、100%ナチュラルな食品。

ミネラルやビタミンが豊富な感じはしますが、実際に、どう体にいいんでしょう?

画像の説明

トントンで使っている沖縄産の黒糖。

何も添加されていないので、思ったよりも白いです。


文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会が公表している「日本食品標準成分表」で代表的な甘味料を比較してみました。

甘味料の栄養成分

カロリー(エネルギー)はそれほど変わりませんが、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分、ビタミンが多く含まれているのは間違いないようです。


健康な体づくりに効果がある!

黒糖にはいろんな種類のビタミンやミネラルが含まれていますが、中でもとび抜けて多いのがカリウム。

カリウムは、細胞の外液に存在するナトリウムとバランスをとりながら、細胞を正常に保ったり、血圧を下げる働きがあります。

老廃物の排出を助けたり、筋肉の収縮を促す働きを担ったりと、人体に欠かせない役割を果たしています。

カリウムが不足すると、脱力感や吐き気のほか、食欲不振などを引き起こすことがあります。

さらに精神面では、無関心、不安感、イライラの要因になり、精神的に不安定になりやすくなります。


糖なのにダイエット効果!

黒砂糖の黒色の成分である「色素成分フェニルグルコシド」は、糖の吸収を抑制し血糖値の急上昇を防ぐ働きがあると言われています。

黒砂糖は糖であるにも関わらず、糖の吸収を抑えるだなんて、なんだか不思議な感じです(^_^;)

体内に余分な糖が吸収されるのを防ぎ、豊富なミネラル成分が新陳代謝を高めてくれるので、痩せやすい体質作りの役目を果たしてくれるそうです。

香りが強くコクも苦味もある黒糖は、ほんの少しで空腹感を和らげてくれます。


腸内環境が整い、便秘解消!

オリゴ糖の一種、ラフィノースが豊富に含まれているため、日々の排泄を促す効果があります。

ラフィノースは他のオリゴ糖とは違って、栄養として吸収されにくい難消化性なので、大腸までしっかりと届きます。

大腸内の善玉菌の餌となるため、善玉菌が増え腸内環境が改善します。

腸内環境が整えば、便秘解消に役立ちます。

お肌もツルツルになるかも!


とは言うものの・・・

骨や歯を強くし、骨粗しょう症を予防する働きのあるカルシウム、リン、マグネシウムが豊富だったり、悪玉コレステロールや中性脂肪の吸収を抑える働きがある、アルコールの一種でオフタコサノールが含まれています。

いいことずくめの黒糖ですが、糖であることは間違いありません。

くれぐれも食べ過ぎに注意ですが、どうせ甘いものを食べるのなら、黒糖の食品を選ばれるのがオススメです(*^^*)

コメント


認証コード7656