原因不明の背中の激痛。

昨日のことです。

咳が出た拍子に軽いギックリ腰になった感覚があって、安静にしていました。

その早朝に背中の右側の筋肉が痙攣を起こしたのか、こむら返りのような痛みに襲われました。

しかも、3〜5分に一度の間隔で。

なんだかムチで背中を撃たれているような感覚でした。

画像の説明
この筋肉。背中起立筋という筋肉だそうです。


2時間ほど様子を見ていたのですが・・・

いっこうに痙攣が収まらず、立ち上がることもできなかったので、病院に行くこともできず。

そもそも、どこの病院に行けばいいのかもわかりません。

救急のお世話になることにためらいはありましたが、やむなく救急車を呼びました。


日本の救急って、スゴイです。

日の出が出て早々の時間だったのに、電話をして5分も経たないうちに4人の救急隊の方が駆けつけてくださいました。

症状を質問されて、内科なのか整形外科なのか判断できず、市内の総合病院に連れて行ってくださることに。

画像の説明

生まれてからこれまでの46年間で、初めてお世話になりました。


内科で診てもらうと、尿管結石の疑いがあるということ。

泌尿器科に行って、MRIとレントゲンで詳しく検査してもらいましたが、腎臓の腫れがなく結石も発見されませんでした。

その後、整形外科で診てもらったのですが・・・どこも悪くないということで「原因不明」の診断をいただきました(^_^;)

あぁ・・・貴重な一日が・・・


ついについに、待ち焦がれた日が来ました。明日、ついにそちらへ伺います。ずーーーーーーっと夢だった、パン屋さんへ行った時に子供たちにどれでも好きなものを選んでいいよ。って、言えます。この日のために、主人も私も仕事を休んで挑みます!!

お客様からメールいただいていたのに、お会い出来なくてスミマセン!

現在自宅療養中で、なんとか一人で立ち上がることが出来るようになりました。


身体が丈夫なことだけが取り柄で、今までがむしゃらにやってきましたが、歳には敵わないということでしょうか・・・

そろそろ体のメンテナンスをしなさいという警告なのかもしれません。

40歳を過ぎると、ちょっとしたことでバランスを崩すのかもしれませんね・・・


床に伏せっている間、お店もパン工場も、滞りなくパンを作っています。

支えてくれるスタッフやお客様に感謝です!

コメント


認証コード6209